わかくさ接骨院

サイトの説明文を記述します。

交通事故治療で多いムチウチについて

HOME > その他ページ > 交通事故治療で多いムチウチについて

ムチウチは、交通事故治療の中でも特に多い症状です。ムチウチについて、詳しく知らない方も多いと思うので、ムチウチの概要や主な症状などを詳しくご説明致します。

ムチウチの概要

ムチウチ

ムチウチとは、身体に強い衝撃を受けて首周辺の組織を傷めた際に起こる症状の総称です。ムチウチは正式な名前ではなく、「頸椎捻挫」や「外傷性頸部症候群」と呼ばれています。

首の筋肉や靱帯が損傷しているため、レントゲン検査では発見することができません。MRI検査でも異常なしと判断されることが多く、自覚症状があっても発見が遅れる傾向にあります。病院で異常なしと診断され、「時間が経てば自覚症状も治まるだろう」と何もしないまま放置すると、痛みが長引くおそれがあるので、痛みの原因を突き止めて早めに交通事故治療を受けることをおすすめします。

主な症状

ムチウチの症状は、事故当日よりも翌日や2日後に出てくることがほとんどです。主な症状には、首・肩・背中のコリ
または痛み、頭痛、吐き気、耳鳴り、めまい、食欲不振、手足の痺れまたは震え、疲労感があります。
この他にも、動悸、呼吸困難、聴覚障害、睡眠障害などが出る場合もあります。

損傷している首以外の部位にも症状が出る理由は、首には脳と全身のパーツをつなぐ重要な神経が通っているためです。衝撃の大きさや損傷した部位によって現れる症状が異なるため、首の痛みと吐き気だけを感じる方もいれば、めまいや耳鳴りなど日常生活に支障をきたすほどの症状が出る方もいます。

種類

・ 頚椎捻挫型

頚椎周辺にある筋肉や靱帯、軟部組織を損傷して捻挫となったもので、首を伸ばすと痛みが強くなったり、首や肩の動きが制限されたりします。

・ バレ・リユウー症状型

頚椎に沿って走っている動脈の血流が低下し、めまいや耳鳴り、頭痛などの症状を引き起こします。

・ 神経根症状型

脊髄から出る神経根がダメージを受けたケースです。神経がダメージを受けているため、手足の痺れなどの症状が現れます。

・ 脊髄症状型

神経だけにとどまらず、脊髄までダメージを受けてしまったケースです。下肢の痺れや知覚異常、歩行障害が現れることもあります。

交通事故では、打撲などの軽いケガで済んだと思っていても、後日ムチウチの症状が出てくる可能性があります。身体の異変を感じた際は、すぐに検査をして交通事故治療を受けてください。

岐阜県関市周辺で交通事故の被害に遭われた方は、関市下有知にある当院へお越しください。日曜診療を行っており、キッズルームも完備しているため、お子様がいる方でも気軽にご利用いただけます。

身体に痛みを感じたらぜひお気軽にご相談ください。 TEL:0575-24-7887